結婚や婚約などのウェディングに関する指輪の知識


Find Out More

Contents


意味

指輪は男性よりも女性の方が興味あるという場合が多いです。しかし男性も結婚や婚約をするという立場になった時にはしっかりと考える必要があります。
簡単に言うとプロポーズの際に贈る指輪が婚約指輪で、結婚式の時に交換をする指輪が結婚指輪になります。

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれていて、男性が女性にプロポーズをする際に贈る指輪のことです。
プロポーズするシチュエーションだけではなく、婚約記念品として結納で贈ったりします。
また、プロポーズする場合は男性が1人で指輪を選ぶ必要がありますが、最近ではカップルで指輪を選ぶということも多いです。

結婚指輪はマリッジリングとも呼ばれていて、左手の薬指にはめる指輪になります。
基本的には男女ともに同じデザインですが、女性だけ誕生石をつけたり、男性の方をシンプルなデザインにしたり、という場合もあります。

輪と左手の薬指

結婚や婚約といったウェディングに関する行事では指輪を贈るのが当たり前となっています。
なぜ指輪なのかというと、指輪は輪の形をしているので永遠や切れないという意味が込められているため、結婚や婚約などに贈るのです。

結婚や婚約の際に指輪を贈るのは永遠という意味がありますが、結婚指輪を左手の薬指にはめるのは、左手の薬指の血管が心臓に直接繋がっていると信じられているからです。
また左手の薬指は愛の力という意味も込められています。そのため結婚指輪を左手の薬指にはめるようになっているのです。